January 24, 2006

雪の中で四谷音楽祭に・・・・

雪の降りしきる1/21(土)に「江戸長唄の会」の撮影に行きました!
ongakusai_02
           長唄「都鳥」を公演
前々から付き合いのある「江戸長唄の会」の会長さんに「21日に四谷音楽祭で公演するのでビデオ撮影をしてくれないか?」と頼まれました。ongakusai_03最近、SONYのFX1も使っていなかったので、二つ返事で「良いですよ!」と返事をしてしまいました。ところが、周知のとおり、21日は都心でも大雪でした。ongakusai_01それでも根性で出かけ、雪による電車遅延などで、通常の1.5倍の時間をかけて、やっと「新宿御苑前」に辿り着きました。(汗)
当日の「長唄の会」による公演は「長唄:都鳥」でしたが、持ち時間の関係で10分弱とかなり短縮されていました。ちょっと物足りなかったかナって感じです。ongakusai_04予定では、14:30から公演でしたが、実際には15:00頃から始まりました。そして撮影も無事終了し、雪のなかを帰りました。ただ今、ビデオは編集中ですが、ほぼ終わりました。
しかし、この寒さも年齢的には堪え、昨日は風邪で休んでしまいました。ボランティアでビデオ撮影に行き、風邪をひいてるなんて、洒落にもなりませんネ!(笑)
なお、当日のビデオをご覧になりたい方は下記にアクセスしてください。
   http://www.aonet.atnifty.com/history/history.htm

| | Comments (0) | TrackBack (0)

July 05, 2005

長唄の会ビデオ完成♪♪♪

江戸長唄の会・江戸を踊る会の公演ビデオが完成しました。(^_^)/
kanjin
先日撮影しました「江戸長唄の会」と「江戸を踊る会」の公演ビデオが完成しました。この度は、著作権の所属します和楽堂さんの許可をもらい、ネットで配信することになりました。(嬉) 是非ご覧になってください。(願) アドレスは下記のとおりです。
 http://www.aonet.atnifty.com/history/history.htm
また、三味線・長唄・日本舞踊を学びたい方のために、「江戸長唄の会」では会員を募集しています。興味ある方は、お問い合わせください。待ってま~ス!!!!

| | Comments (0) | TrackBack (0)

June 20, 2005

江戸長唄の会について♪♪♪

『江戸長唄の会』の依頼で撮影してきました・・・・・・

nagauta_04
          体験講座で三味線の指導を受ける受講者

nagauta_01先日(6/12)に『江戸長唄の会』、『江戸を踊る会』主催で墨田区立みどりコミュニティーセンターにて「墨田体験講座」を開催しました。この会は、日本の伝統芸能である三味線、日本舞踊、長唄を若い世代に継承する目的で活動しています。この日も日本舞踊や長唄を三味線の音色に合わせて、演じられました。nagauta_02特に、第4幕の「勧進帳」は迫力満点でした。また、第4幕終了後には、体験講座も実施され、三味線や日本舞踊を各先生方が細かく、熱心に指導されていました。nagauta_03
              今後、益々の会の発展を期待したいと思います。なお、この会に興味ある方は、下記のホームページをご参照ください。
   江戸長唄の会
また、当日のビデオにつきましては許可がおりしだい配信したいと思います。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

March 12, 2005

映画「ローレライ」を観ました

本日、映画「ローレライ」を観てきました・・・・・
先週の日曜日に「終戦のローレライ」を読み終えたばかりでしたが、その内容が忘れられない内に映画を観ることができました。実は、本日映画を観るために先週本を読み終えたのですが.....(笑)
映画を観ての感想ですが、本に比べると内容をかなり短縮していました。また、ストリーも多少違っていましたが、大筋同内容でした。しかし、場面場面が本と違っているところがかなりありました。ま~しょがないですかね!あの分厚い本の内容を2時間ちょっとに映画はまとめていますから~ネ・・・・(驚)
この映画の最大の興味は、戦闘シーンがあるためどのようにそれを描いているのか~ナというところにありました。水中での潜水艦シーンは結構リアル感があったのですが、米艦はいかにも3DCGでつくりましたというのが見え見えでちょっとがっかりかナ・・・(涙)
この面では、まだまだハリウッドには追いついていないナ~と感じました。でも、あと2~3年もすれば、日本でもハリウッド顔負けの3DCGによるリアルな戦闘シーンがつくれるようになるのでは?その時は、また映画館に映画を観に行きますです・・・・ ではでは......

| | Comments (0) | TrackBack (0)

February 14, 2005

映画「草の乱」を観て

bn_kr_003

昨日は、映画「草の乱」を観てきました。ご存知のとおり、この映画は1884年11月1日に起こった「秩父事件」を題材にしたものです。
私も学生時代に、「秩父事件」(井上幸治著、中公新書)という本を読んで、この事件を知りました。大変ショックを受けたのを覚えています。その後、何回も秩父には足を運びましたが、最近は秩父から遠のいていました。ところが、昨年の11月下旬に久しぶりに秩父に行きました。買ったばかりのHDR-FX1で紅葉を撮影しようと思ったからです。しかし、秩父に行くと、自然と「秩父事件」のゆかりの地に足が赴きます。その時も椋神社(秩父困民党が集結した所)や秩父札所23番音楽寺などを訪れました。そして、30年前には8ミリフィルムで「秩父事件」を題材にした小映画を創り、文化祭で発表したのを想い出しました。
それに比べると、この映画は遙かに大作(言うまでもありませんが・・・・笑)で、良くできていました。120年前に本当に「凄いやつらが」いたんですね。特に、「恐れながら天朝様に敵対するから加勢しろ」といって、秩父農民を糾合していったのは、何か学生時代とオーバーラップしますね!時間があれば是非「草の乱」を観て欲しいですね・・・・
いずれ、昨年秩父に行った時のビデオは編集して公開する予定です。いつになりますか~ネ....(^o^);;;;;

| | Comments (0) | TrackBack (0)

January 26, 2005

漱石公園を通りました・・・・・

2
今日の事ではないのですが、だいぶ前に漱石公園を通ったのを憶いだしましたので、書いてみました。夏目漱石と言えば、誰もが知っている明治の文豪ですよね。私の家にも「漱石全集」があるのですが、全部は読んでいません。orz・・・若者ぶったりして.....
 でも読んだ中では、「三四郎」が一番好きです。何故かと言うと、当時急速に「近代化(脱亜)」を進める日本の社会に痛烈に皮肉を込めている様に感じたからです。そうですよね、アメリカ一辺倒だった日本がいつのまにかアメリカを抜いて中国が貿易最大国になっているんですよね!東アジア経済圏の覇権は、どこが握るのですかね?中国ですか!となると、明治時代とは違って、今では、「脱亜論」ではなくて「入亜論」が必要なのかも知れませんね?
漱石は、100年後を見越していたのかも知れませんね。1で、今日は中国の天津でデジタル映像系の学校設立の話が持ち上がりました。私の所属するNPO法人に応援を頼まれました。現職に留まりながら、ボランティアでNPOもやるので大変です。でも、NPO法人の理事長が良い方なのでしょうがないか~ナ。いつまでもついて行きます~よ!!!....(笑)
しかし、個人的には中国よりベトナムの方が好きですね! ベトナムについては「ベトナム見聞記」を書いているので、暇があったら読んでください~な!

http://www.aonet.atnifty.com/history/history.htm

話はそれてしまいましたが、「漱石公園」は新宿区早稲田南町にあります。昔は牛込町と呼ばれていたみたいです? 地下鉄東西線「早稲田駅」下車徒歩10分の場所です。漱石が晩年、50歳で死去するまで居所にしていたところです。ここで「坑夫」「三四郎」「それから」「門」、遺作となった「明暗」などの名作が生まれたそうです。
そう言えば、年末に本木雅弘ふんする漱石の「夏目家の食卓」というのをやっていましたね。婦人の鏡子役に宮沢りえがやっていました。ちょっぴり漱石像のイメージがくずれた気もしましたがね。
という事で、ではでは・・・・・・

| | Comments (0) | TrackBack (0)